産後の女性の薄毛は、女性ホルモンが影響していると考えられています。毛髪は、成長期、退行期、休止期と一定の周期を経て生まれ変わります。妊娠中は女性ホルモンが乱れるためこの周期が乱されます。特に、妊娠後期はエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が増え、本来抜け落ちる毛がそのまま地肌にとどまっている状態になります。産後しばらくすると、女性ホルモンが正常値に戻るため、それまでとどまっていた毛も含めて休止期の毛が一斉に大量の抜け毛となります。これが、産後の女性の薄毛の原因の一つです。
産後の女性の薄毛は、一時的に起こる生理現象のため、次第に回復することが多いです。そのため、育毛剤によるケアがすぐに必要ということはありませんが、気にしすぎることによるストレスで円形脱毛症などを併発することがあります。大半の女性が経験するものとして、気長に付き合っていくくらいの心の余裕を持つことです。
赤ちゃん中心の生活となるため、睡眠不足になりがちですが、せめて食事だけは規則正しい時間にバランスよく摂るように心がけます。自分の食事はおろそかになりやすいですが、納豆や豆腐などの大豆製品を意識的に摂るようにすることも有効です。大豆には、女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用を持つイソフラボンが含まれています。そのため、大豆製品を摂ることで乱れたホルモンバランスを整えるサポートが期待できます。
授乳の時間をうまく調整し、生活にリズムをつくり、できる限り規則正しい生活を送るようにします。自律神経のバランスを整えるためにも、昼夜の生活を逆転させないようにすることです。夜に眠れない場合には、目をつぶって横になっているだけでも大きく違います。